お子様の身長対策は、小学校・中学校に入学前に済ませましょう。TOP > 低身長の改善方法とは > 成長食とは

成長食とはについて

 
◇成長期には、十分なたんぱく質を摂取する必要があります。

最近ではヘルシー傾向が強く、肉を減らして野菜を増やそうという考えが主流ですが、子供にとっては、栄養価的にも非常に問題がありますので、注意をする必要があります。

日本人のタンパク質の摂取量は、先進国では最下位です。骨を伸ばす栄養素は、タンパク質であり、成長ホルモンの分泌にも影響しているので、積極的に摂取する必要があります。タンパク質は、肉類・魚介類・卵・大豆製品・乳製品に多く含まれていますが、脂肪分を減らす様な摂取方法が適切です。


◇高タンパク質でも、脂肪分を抑える方法とは、

動物性たんぱく質を取ることが好ましいですが、肉類を多く摂取するのではなく、魚介類を中心に摂取するようにしましょう。肉類を摂取する際にも、脂肪分の少ないもの(脂身はNG)を選び、脂肪を落とす調理方法を身につけるべきだと思います。大豆などは、ヘルシーで良質なたんぱく源になりますので、うまく合わせて摂取することが良いかと思います。

◇食の安全にも注意
 
健康的に身長を伸ばす栄養素を十分に取るとともに有害なものを避けることも必要です。加工食品には、身長を伸ばす妨げをする有害なリン酸塩などの添加物を多く含むものがありますので、注意が必要です。

◇年齢に合わせた食生活に注意する
 
6才位までの栄養素が身長の増加に直結します。この時期の栄養が身長に与える影響が非常に大きくなります。
思春期には、急激に身長が伸びる為に、栄養が不足しがちになります。特にカルシウムや鉄分が不足します。またタンパク質の不足で身長の増加に影響が出ることも注意が必要です。



低身長の改善方法とは記事一覧

成長ホルモン分泌不全性低身長症

『成長ホルモン分泌不全性低身長症』の患者の特徴は、生まれた時は、身長・体重ともに平均の範囲内にありますが、3歳頃から発育の遅れが目立ち、年を重ねるごとに、平均から離れていきます。 ...

食事での改善方法

当然のことですが、成長期に何を食べて育ったかによって、身長の高さはもちろん、健康や寿命にも大きく影響します。◇高タンパク質・高脂肪酸⇒高身長でも肥満化の傾向あり タ...

成長食とは

◇成長期には、十分なたんぱく質を摂取する必要があります。最近ではヘルシー傾向が強く、肉を減らして野菜を増やそうという考えが主流ですが、子供にとっては、栄養価的にも非常に問題...



inserted by FC2 system