お子様の身長対策は、小学校・中学校に入学前に済ませましょう。TOP > 低身長の改善方法とは > 食事での改善方法

食事での改善方法について

 
当然のことですが、成長期に何を食べて育ったかによって、身長の高さはもちろん、健康や寿命にも大きく影響します。

◇高タンパク質・高脂肪酸⇒高身長でも肥満化の傾向あり
 
タンパク質の多い食事は身長を伸ばすかもしれませんが、肥満をももたらします。ファーストフードの発祥地であるアメリカでは、国民の3割が肥満になり、大きな課題となっております。肥満化すると、子供が早熟し、早く大人の体になりその結果、身長が早く止まります。

◇低たんぱく質・低脂肪食⇒ヘルシーかもしれないが、低身長

子供に粗食は誤りです。従来の日本食は、典型的な低タンパク質・低脂肪で脂肪が少ない為に、肥満化しにくく、高血圧症の結果引き起こされる動脈硬化も起こりにくい状態でした。
骨を作るたんぱく質が少ない為に、身長は伸びにくく、骨が弱くなり、年を取ると腰が曲がったり骨折しやすくなるという欠点があります。

◇高タンパク質・低脂肪食⇒ヘルシーな高身長
 
肉料理などの脂っこい食事には、タンパク質が多いうので、脂分の多い食事が身長を伸ばすと考えがちですが、脂肪分の多い食事が、身長を伸ばすわけではありません。身長を伸ばすのは、タンパク質であり、さらに低脂質であれば、健康的な高身長になります。



低身長の改善方法とは記事一覧

成長ホルモン分泌不全性低身長症

『成長ホルモン分泌不全性低身長症』の患者の特徴は、生まれた時は、身長・体重ともに平均の範囲内にありますが、3歳頃から発育の遅れが目立ち、年を重ねるごとに、平均から離れていきます。 ...

食事での改善方法

当然のことですが、成長期に何を食べて育ったかによって、身長の高さはもちろん、健康や寿命にも大きく影響します。◇高タンパク質・高脂肪酸⇒高身長でも肥満化の傾向あり タ...

成長食とは

◇成長期には、十分なたんぱく質を摂取する必要があります。最近ではヘルシー傾向が強く、肉を減らして野菜を増やそうという考えが主流ですが、子供にとっては、栄養価的にも非常に問題...



inserted by FC2 system