お子様の身長対策は、小学校・中学校に入学前に済ませましょう。TOP > 低身長の改善方法とは > 成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症について

 
成長ホルモン分泌不全性低身長症』の患者の特徴は、生まれた時は、身長・体重ともに平均の範囲内にありますが、3歳頃から発育の遅れが目立ち、年を重ねるごとに、平均から離れていきます。

身体的には、身長は低いがプロポーションが保たれていることや、年齢の割に声が高いこと、顔が幼いなどが挙げられます。

低身長症の対策として、1960年台後半から、死体の脳下垂体の抽出物を持ちいる治療方法が行われましたが、その供給量に制限がある為に、非常に高額で庶民には縁のないものでした。


現在では、遺伝子組み換え技術を用いて、HGH(人成長ホルモン)が量産され、1986年から保険適応の元、成長期を通じて自己注射で投与することが認められております。


あくまでも、低身長症の治療に限られておりますので、1mmでもその範囲を超えれば、全て自費対応となります。単に背が低いだけのお子様へのHGHの投与は許可されておりません。

HGH(人成長ホルモン)は17番染色体に位置し、191個のアミノ酸で構成されています。経口タイプの成長ホルモンが販売されておりますが、成長ホルモンは、タンパク質の為に、経口投与ではいで分解される為にその効果はありません。現在のところでは、注射で投与する以外の投与方法での有効性は認められておりません。

HGH(人成長ホルモン)の分泌を促す成分を取る方法が良いと思います。成長ホルモンを確実に分泌させる成分としては、アミノ酸の『アルギニン』が注目されております。大人は体内でアルギニンを合成できますが、成長期の子供は十分にアルギニンを作ることができない為、食事等を通して、摂取する必要があります。





低身長の改善方法とは記事一覧

成長ホルモン分泌不全性低身長症

『成長ホルモン分泌不全性低身長症』の患者の特徴は、生まれた時は、身長・体重ともに平均の範囲内にありますが、3歳頃から発育の遅れが目立ち、年を重ねるごとに、平均から離れていきます。 ...

食事での改善方法

当然のことですが、成長期に何を食べて育ったかによって、身長の高さはもちろん、健康や寿命にも大きく影響します。◇高タンパク質・高脂肪酸⇒高身長でも肥満化の傾向あり タ...

成長食とは

◇成長期には、十分なたんぱく質を摂取する必要があります。最近ではヘルシー傾向が強く、肉を減らして野菜を増やそうという考えが主流ですが、子供にとっては、栄養価的にも非常に問題...



inserted by FC2 system